8月18日 RRB散歩「天橋立〜城崎編」:その1「五木茶屋」

「さあ、RRB散歩
「落語と歴史・文学の散歩です」
「今回は天橋立から城崎を廻るコース」
「散歩といいながら、ほとんどバスで移動です」
「出来るだけ安く上げるということが第一に考えたツアーじゃから……まず新幹線はこだま号を利用」
「最初からすごい」
岐阜羽島で下りて、バスで……」
「え……滋賀か京都の方が近いでしょう」
「いや、新幹線は距離で値段が高くなる。バスは1日幾らなので……」
「さっそくケチだね」
「実は出た所が大垣桑名という、『奥の細道』の終着点。本当はここをメインに置きたかった」
「はい、日程に無理が生じたので景色を見ながら通過です」

「休憩地点は五木茶屋
「トイレ休憩ですか」
「とりあえず、日本酒とビールを購入」
「もうですか」

「こちらは附属の足湯
「もう温泉ムードだね」

「トレイ休憩にここを選んだのは、これがあるから」
「何です。樽が見えますね」
酒造設備が整っていて、味見が出来る」
「もう飲んでる」

「朝から酒を飲めるのがバス旅行のメリット」
「メリットじゃないでしょう……写真は」
お地蔵様
「どっかで見たような顔ですね……マイクを持ってますよ」
五木ひろしがここは彼の出身地。CDなども売っているぞ」
「あら、それで五木茶屋ですか」
「説明しませんでした。『ごもくぢゃや』ではなく『いつきぢゃや』でございます」
「分かりますよ」

「はい、目の前の海
「ううん……いきなり訳の分からない旅の報告だね」
「旅は始まったばかり、まだ続きます」
「分かってますよ」

2:舞鶴引揚公園へ進む       表紙へ戻る

inserted by FC2 system